1. TOP
  2. パソコン用品
  3. LOGICOOL ワイヤレストラックボール SW-M570の特徴や使ってみた感想、M570tとの違いは?

LOGICOOL ワイヤレストラックボール SW-M570の特徴や使ってみた感想、M570tとの違いは?

毎日何時間もパソコンを使っているのですが、マウスを握りすぎてしまって、かなりのペースで腱鞘炎になっていて困っていました。

マウスを変えたら、腕や手首の負担がかなり軽減されると友人から聞き、友人からすすめられたLOGICOOLのワイヤレストラックボールSW-M570を購入しました。

実際に使ってみて、腱鞘炎はしにくくなったのか、使いやすさ特徴、M570tとの違いなどについてご紹介していきたいと思います。

 

Sponsored Link

LOGICOOL ワイヤレストラックボール SW-M570の特長

 

ポイント!

USBで繋がらなくてもワイヤレスで動かすことができます。

充電をしなくても、単3乾電池が1本あれば最大で18ヶ月も使い続けることが出来て省エネです。

 

また、マウスを握るようなデザインになっているため、手にも手首にも負担がかなりかからないように設計されています。

 

 

LOGICOOL ワイヤレストラックボール SW-M570を使ってみた感想

 

今までだと、何時間か使っていると、手がだるくなったり、手首周りが痛くなってきたりしていたことがとても多かったのです。

ですが、ワイヤレストラックボールを使うようになってから、明らかに手首に痛みを感じるまでにかかる時間も長くなりました。

それに、腕の疲れもかなり和らぎました。

 

ポイント!

ワイヤレスなので、机の上にマウスを置かなくても操作できるので、私は足の上にマウスを置いて操作をしているのですが、その分負担も軽くなりました。

また、マウスを全く動かさなくてもカーソルを移動させれるので、マウス周りにマウスを移動させるスペースを作らなくても良くなったのも嬉しいですね。

さらに、親指でトラックボールを動かすことができるため、手首を使ってマウスを動かし、カーソル移動をしなくても良くなったのも、とても大きなメリットだと感じます。

マウスをカーソルの移動速度も自分で調節可能になっているため、私好みのスピードでカーソルを合わせられるようになっため、ストレスも軽減できました。

 

あと、使っていて何気に便利だと思ったのは、人差し指の辺りに「戻る」と「進む」のボタンがあることです。

ネットサーフィンをしていて、戻るをいちいち押すのにカーソルを移動させるのは面倒だと思ったことはありませんか?

カーソルを移動させなくても、指一本で戻ったり、進んだりすることができるので、時間を短縮させることができます。

最初の頃は、トラックボールを使ってカーソルを動かすことに違和感を感じ、少しの間は中々馴染めなませんでした。

ですが、3日ぐらいすると自然と慣れましたし、こっちのほうが遥かに快適だと感じるようになりました。

むしろ、ワイヤレストラックボールに慣れてから、これまで使っていたマウスを使ってみると、手になじまないし、とても不便さを感じるほどです。

 

Sponsored Link

 

LOGICOOL ワイヤレストラックボール SW-M570が不便だと感じた点

 

仕事でたまにマウスを使って描写をしなくてはならないこともあるのですが、描写をするときにはトラックボードだと、慣れない内は微調整が難しいと感じました。

特に絵を書いたり、描写をすることはないのであれば、特に問題はないと思います。

ですが、もし描写系の作業をするのであれば、そのときだけ従来のマウスと使い分けをしたほうが良いかもしれませんね。

 

LOGICOOL ワイヤレストラックボール SW-M570とM570tとの違いは?

 

  • SW-M570よりもM570tの方が新型で、若干ですが薄型になっています。
  • 基本的な形やボールの位置は全く同じです。
  • ボールをクリックするときの感触は、M570tの方がやや大きいです。
  • 新型のM570tの方には、3年保証が付いています。

 

つまり、大きな違いは3年保証が付いているかだけの違いです。

 

LOGICOOL ワイヤレストラックボール SW-M570の価格

 

LOGICOOL ワイヤレストラックボール M570tの価格

 

まとめ

LOGICOOLのワイヤレストラックボール SW-M570の感想や特長について書いてきましたが、手首がすぐに痛くなる人や、疲れてしまう人には本当にぴったりだと思います。

マウスでそこまで影響するのかと私も始めは半信半疑でしたが、実際に使うと全然使用感も疲れ具合も違うので、びっくりするかもしれません。

また、購入する時は、マウスに4000円近くも払うのは、結構抵抗があったのですが、今はもっと早く買っておけばよかったと後悔しています。

メーカーが1年保証をつけてくれているので、もしも初期不良があったり、すぐに壊れてしまったとしても安心です。

なので、手首の痛みから解放されたいのであれば、LOGICOOL ワイヤレストラックボール SW-M570を強くおすすめします。

 

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

コレ良かった体験談!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コレ良かった体験談!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 超音波温熱吸入器ホットシャワー5の4つのおすすめポイントと感想の体験談

  • 無線LAN ルーター バッファローは設定やつなぎ方が簡単!3つのおすすめポイントとは?

  • フロアワイパー専用のCCP 電気ちりとり ZN-DP24のおすすめポイントと口コミ体験談!

  • 叫びの壷の口コミ体験談と3つのおすすめポイント、声の外漏れを小さくする方法とは?

  • 手動洗濯機ハンドスピンウォッシャーのおすすめポイントと使い方!脱水や口コミは?

  • カウブランド 無添加メイク落としオイルの3つのおすすめポイントと体験談